おーい、こっちこっち。

<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

残り一週間。

ウィーン滞在も残すとこ一週間となった。
月曜日に友人が来墺。おもてなし、ちゃりんこ整備、部屋掃除、荷物整理やら何やらかんやらをしているとあっという間に出発か。

キリスト教大国オーストリアはイースター(復活祭)目前。十字架に架けられたキリストが三日目に復活したことを記念する日。今年は4月4日。だから、町ではチョコレートやパンを卵やウサギに模ったものイースターエッグ、イースターバニーをよく目にする。イースターエッグは卵から雛がかえる事を復活とし、イースターバニーは多産で知られるウサギを生命の象徴としたものだ。




「春」。

生命の躍動。


身も心も躍りますな。




しかし、一週間後には飛行機でエジプトまでタイムスリップしてしまう僕には残りわずかな春となる。ちょっくら切ない…


そう考えると飛行機はすごいな~


むこうは、既に夏だ。お日様かんかんだ。
蒸発しないように気をつけよう。




ありがとう。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-27 04:04 | オーストリア…Ⅰ…

イケイケだ。

昨晩は、イケイケテノール歌手Fさん宅に夕食に誘っていただいた。
激うまだね~唐揚げに甘酢つけて焼いて、卵マヨネーズをのっけて麺と絡めて頂くアレ。宮崎名産の。名前が…あと、冷汁もうまかったぁ。手土産に愛のこもったおにぎりを頂いた。あ~至れり尽くせりして頂いた。ありがとうございました。

そこは、イケイケ揃いだった…ローマで、ニューヨークで、ウィーンで、、、
御活躍の方々…歌手とピアニスト。みなさんとは初対面。
情熱を注ぐ皆様の姿勢には、
本当にリスペクトです。(両手を合わせ拝む姿勢で byイケイケBassbariton Y)
本当に、良い刺激を与えられる。
我もがんばろ~


そして、今晩はRさんの友達ソプラノK&Mのコンサートへ。
美しいね~かっこいいね~。鳥肌びんびん。小さな体のどこから出てくるんだろか、
あの声は…あぁ贅沢な時間。感謝です。
11月のコンサートも楽しみにしてますよ!!引き続きイケイケでがんばれ~



皆で刺激し合って生きていく。



生け生け、活け活け、イケイケ…



あぁ生きるって素晴らしい。ありがとう。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-26 20:34 | オーストリア…Ⅰ…

予定変更。

本日、日本からはるばるやって来たある高校の合唱部のコンサートにお邪魔してきた。
会場は、ウィーン日本人学校。
校舎は、新しく大きいが、生徒数は中学部まで合わせて50名程度だと。
日本企業の撤退が重なり、年々生徒数は減少。厳しい現実だ。
しかし、そんな現実を吹き飛ばしてくれるような素晴らしい時間がそこにはあった。
昼間から感動して目頭あつあつ。危うくポロリだった。
隣で、ウィーンのマダムはポロリポロリ…あぁ、幸せだ。
音楽的な見地より、このコンサートの質が高いのかどうかは一切分からない。
が、僕は大変感動した。

頑張る人は美しい。

一所懸命な姿勢は感動を生む。

溢れんばかりの勇気を頂いた。




決めた。


「エジプトにちゃりんこを連れて行こう」と。



なので、自転車で中東、東欧を回りウィーン再訪となる。
9月頃にはウィーンに戻り11月の展示会へ向けて制作を再開したい。といった感じ。

が、その前に…
4月3日ウィーン空港チェックインカウンターにて大きな山場を迎える。
自転車を飛行機に積めるか否か…航空会社は「エキストラを払えば載せれる」とあるのだが…
エキストラ無しで搭載できた方、エキストラ代が異常な額だった方、受け付け拒否された方…などなど。
色々な事例がある。やはり、ご縁になった担当の方次第ってことだ。運だ。



なるようになれ~



祈りは叶う!!



あぁ、生きるって素晴らしい。ありがとう。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-25 19:19 | オーストリア…Ⅰ…

アトリエ訪問

本日、織物・墨絵作家安谷屋教子バイヤーさんのアトリエを訪問した。
毎度の、Nさんに紹介いただいた。

安谷屋さんの羽衣の作品集をNさんに見せて頂いて以来、「会いたい会いたい会いたい」と言い続けてようやくこの日がやって来た。

まず、彼女の空気感が柔らかいのなんの。なちゅらる。とても素敵な方だ。
そして、存在感のある非常に繊細な作品たち。
実物はやっぱり期待を裏切らんかった。感動。やばい。半端ない。美しすぎる…
た~っぷりの日本の空気感をもつ作品たち。

本当に大好きだわ日本…と思わせる作品たち。

展示には、特別な部屋が必要だな。と感じる。

いい絵がやって来た。古民家だ。そこには、さらりと似合う。
古民家を買おう。いつの日か。
夢は相も変わらず、百姓だ。ぴったりだ。
あまりの興奮に頭の中では既にこの羽衣を手にしていた…


いろいろ話す。







奇跡の瞬間。









「そんなに気に入ってくださったなら、羽衣と鞄を交換しましょうか」と。

「えーーーーーーーーーーっ!?!?!?!!?!?!?!?!!?」嬉しすぎて、理解不能…家宝決定。

「鞄、再訪の際に作らせて頂きます」と我。幸せすぎる。こんなことがあっていいのだろうか…


これでまた、ウィーン再訪の目的がひとつ増えた。ありがたい。


先日、こんなこともあった…
毎年11月第3週に美術館の一角で催される展示会を組織するマダムとご縁になり、作品を大変気に入ってくださった。
その結果、その展示会に出展できそうである。
その展示会の日程が正式に決まるのが6、7月辺りらしい。
それに合わせウィーン再訪の時期を決めようと思っていたが、少し前に戻り安谷屋さんの鞄を制作しようか。


彼女の作品のを手にしたならば、自然と帰国も決まる。本帰国?いや、一時帰国か?
繊細な彼女の作品を郵送なんて決してできませんから!

その後は、日本で古民家探しをしよう。
もちろん、ちゃりんこで。はは笑



全てに感謝して、一所懸命生きよう。



ありがたい日々はつづく…ありがとう。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-23 22:37 | オーストリア…Ⅰ…

「蛙がちゃっかり…」

本日、嫁いでいった。
a0141199_2225883.jpg

蛙が住みついてびっくり。

飼い主Kさんをしっかり守ってくれることと願う。よろしくね~
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-19 22:01 | Bag in Wien

咲いた咲いた

続々と咲いた。黄色だった。
a0141199_2115885.jpg



本日は、Nさんとウィーンをぶらぶら。

a0141199_2195533.jpg
a0141199_21101277.jpg


もう春だ。ぽっかぽか~
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-18 20:57 | オーストリア…Ⅰ…

季刊誌 さんいんキラリ

本日、島根出身のKさんとお茶した。

Kさんに「さんいんキラリ」という季刊誌を紹介された。激アツ。素晴らしい。写真がいい。

山陰に住んでいる方にマジお勧めですわ。これは。濃い濃い濃い…

どこででも売っているわけではないので入手困難?らしいが…

帰国後、定期購読決定だ。訪れたい場所、人…盛りだくさんだね~

我が国米子近辺だけでも頑張ってる人はいっぱいいるね~心強い。

我もがんばろう。

やっぱり、米子が大好きだわ。米米米米、米作ろう。


残念ながら興味を駆り立てるようなHPではないが、参考までに
「さんいんキラリ」
http://s-kirari.net/
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-17 22:17 | オーストリア…Ⅰ…

「サルルン・カムイの舞」

昨日、嫁いで行ったもののひとつ。

a0141199_2159435.jpg


アイヌ民族はタンチョウ鶴を「サルルン・カムイ」と呼ぶ。

意味は、「葦に住む神様」。

ジャパンの香りがぷんぷんする作品。

ありがたいありがたい。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-16 21:54 | Bag in Wien

体調復活。

結局、原因不明。
体調不良は強烈に「普通」がありがたい事なんだと教えてくださった。
あ~ありがたいありがたい。

そして、予定通りNさんとシェーンブルン宮殿へ。
トラムとバスを乗り継いで到着。
宮殿前の横断歩道で、感じのいい日本人ペアKさんIさんと会った。
とても良い空気感をおもちの彼ら。明るく、元気いっぱい。
隠岐出身のKさんと苫小牧出身のIさん。
Kさんと「あら~、隣ですね~」なんて盛り上がり、盛り上がり、盛り上がり、
今晩夕食の約束をした。

宮殿観光の後、僕は帰宅。
宮殿の写真は逆光がどーのこうの言っているうちに結局撮らずじまい。
「東洋の間」が印象的だったな。

そして、夜彼らと再会し食事へ。
本当に素敵な時間を持てたことに感謝。幸せ。
さらに、鞄を買っても下さった。本当に本当に有難い。

彼らと別れてから、
Nさんと「彼らのような、あうゆう幸せな空気感はいつまでも待っていたいな」と口を揃えた。
大変、勉強になる。

帰国後にはみんなで、苫小牧にあるIさんのじゃがいも畑へ訪れよ~っと。

ありがたい日々はつづく…
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-15 21:44 | オーストリア…Ⅰ…

再会再会。

本日、フィレンツェよりNさんがやって来た。
約8か月ぶりの再会。

ばっちり、おもてなしをしたかったのだが…


昨日飲みすぎたのか、肉肉しい食事が、普段肉肉しいものを好んで食べない現在の体に合わなかったのか定かではないが、この旅が始まって以来の一番の体調不良。

不健康ってこんなに苦しかったっけ、としみじみ。

おまけに、帰宅後になべに火をかけたまま寝てしまい、お鍋の底が溶けた。取れた…
まるで現代アート…
a0141199_8232375.jpg


2時ごろ、奇跡的に目が覚めて良かった…
コンロ周辺真っ赤で夢のようだった…けど、きれいだったな。
本当に、大事件にならんで良かった。


体調の方は、その時辺りから吐き気吐き気吐き気のエンドレス…

Nさんも深夜の飛行機やらの移動でへばり爆睡。

その間も、僕は、せわしなくトイレへ…

夕方、少し落ち着いたので調子に乗ってバナナを食べたら、また来た…

その後、少し落ち着いたのでみそ汁を飲んだら、また来た…

けど、夕食は作ってあげたかったので踏ん張った!!

にんにくの香りにやられかけたが、踏ん張った!!

22時ごろようやく復活の兆しアリ。

生野菜、パンをつついて就寝。

非常に申し訳ない思いでいっぱいだが、彼女の滞在は1週間。
なんとか、挽回できそうだ。

明日は、天気が良ければシェーンブルン宮殿へ行く予定だ。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-03-14 08:18 | オーストリア…Ⅰ…



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧