おーい、こっちこっち。

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ぼんじゅーる。

みなさん御無沙汰しております。

お元気ですか??

今、僕はストラスブルグ(フランス)にいます。

僕は、すこぶる元気です。

この間、突然膝が痛くなり大慌て。

それもそのはず、膝への、身体への感謝を忘れていたからです。

当たり前に毎日動くものだなんていう考えは間違ってますな。

今は、すっかり良くなり問題ありません。

ちゃりんこ生活にきりかえて、一ケ月が経ちました。

この1カ月での走行距離は1700km。

1日走行距離0kmー180kmと様々で、

まー適度なペースだったと思います。

毎日、よく食い、よく寝、暇さえあればストレッチ。

健康的生活を送っています。

移動手段が人力になりより人間本来のペースに近づいたのか、

ローカルな人々との出会いが格段に増えました。

いやー本当に暖かい。

本当にみなさんのおかげで

この一ケ月を無事送ることができたんだと実感してます。


(もう一泊していきなよ)の一言。

(じゃ,もう一泊)。


何てしているとあっという間に時間て経つんですよね---

冬までにヨーロッパをパスしたいですが、、、

まー,,,

という感じです。



では、また連絡します!!!
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-08-29 22:38 | フランス

ロンシャンの礼拝堂

本日、念願のロンシャンの礼拝堂へ行ってきました。

a0141199_0295120.jpg


すんばらしいわ、光がやわらかい。ただただ感動。

こんなに居心地がいい建築は初めてだわ。

何時間、内部におったんだろうか。

残念ながら内部は撮影禁止。

そして,奇跡が。

チケット売り場のおばちゃんが[礼拝堂の前に建っている宿舎

(当時、礼拝堂建設に携わる労働者用に建てられたもの。コルビュジェ設計)

に泊まっていきな]と。幸せすぎて意味不明。。。

この時期、この宿舎にはボランティアでロンシャンのガイドをする若者が滞在しており、

今晩は彼らと共に。

そして、夜。。。

a0141199_030537.jpg


こんなにも素敵にライトアップされるのにゲートはクローズ。

ゲートの中には僕らだけ。

本当に貴重な体験。。。

ただただ感謝感謝。

ありがとう。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-08-25 00:26 | フランス

あぁ美しい

昨日、900mアップ標高2000mに達するというサンゴッタルドパスに挑戦。

a0141199_136351.jpg


最高に きっつーーーーー かったな。半分は泣きながらおして歩いた?気がする。

追い抜いていく多くの車から[乗ってきなー]とありがたいお言葉。

けど、がんばった。ふんばった。

16:00無事山頂に到着。

そこには,レストラン一件。閉店後のキオスク、おみやげ屋それぞれ一件のみ。

ちょいと寂しい感じ。

けど、膝はずーーーっと笑ってる。ははは

おまけに,景色は霞んでてあまりよく見えず。すべてを朝に期待。

そして,テントにて一泊。

が、劇寒。

それもそのはず一週間前に雪降ったって朝聞いた。。。

寝袋カバーしか持っていなかった僕はありとあらゆる物を着、纒って対処。

あーーー時間が長かったなー昨晩は。。。


そして,朝。

これを見てください!!!!!!!

神様はすぐそこに。

a0141199_1372346.jpg

a0141199_1381117.jpg


あーありがたいありがたい。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-08-12 22:52 | スイス

国境越えました?

本日、イタリアよりスイスへ無事入国。

パスポートコントロールも何もなく。

このエリアでは、まだイタリア語が飛び交う。

まるで同じ国のよう。


今晩は、インフォメーションセンターのお兄さんLUCCAのおばあちゃんの家に

お邪魔することになりました。

本当にみんな親切。


昨晩は、ガソリンスタンドのくぼみで野宿。

すると翌朝、隣のBARのおばちゃんがCAFEを。

いろいろお世話してもらいました。

いつでも帰ってこいか。

あーーー

幸せ。

どうやってお返ししよう。


ん~~~~

まずは、

もみくちゃうにゅうにゅのすまいる からだな。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-08-08 22:28 | スイス

ちゃりんこ生活初野宿@BRESCIA

いやーこの町大きいのにお手ごろの宿ないなー。

ということで、昨夜は野宿。

場所は、ケバブ屋で知り合ったチュニジア人おじさんのおすすめで

中国人経営の洋服屋の前に。

屋根つきで雨も防げた。

もちろん爆睡。

感謝感謝。

夏は野宿ができて助かるわ。


明日はBERGAMOへ。

朝、出発し昼にはつく予定。

調子がよければCOMOまで行こう。




あ、

今夜も同じ寝床だった。

いきなり連泊か。


おやすみなさい。

ありがとう。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-08-04 22:21 | イタリア

ずりコケからの贈り物。

18:00すぎ。

VICENZAまで15Km付近橋の上。

調子に乗りスピードだし砂利にハンドルとられ、


ずりコケ。


けど、命があるので心配ない。


足の指五本+ひざ擦り剥き。

ハンドル90度曲がる。


ちょっと先にあった大型スーパーの前で傷口を手当し休憩。

すると、

ある親子が近づいてくる。

父(ダンディ)が「日本人ですか?」と。

日本語、イタリア語、英語をまぜいろいろ話す。

話は盛り上がり、今晩彼らのうちにお世話になることに。

ダンディを含め家族みな大の日本好き。

シシオドシ作成中、日本語,書道勉強中、禅、演歌、日本料理、盆栽、、、

その晩、お寿司を頂きました。幸せ。

前日にウルグアイから帰ってきたとのコトで奥さん息子三人片付けに追われていた。

大量の冬服。

そうか、ウルグアイは冬か。信じられんなー

地球はおっきいなー。

ダンディはウルグアイ育ちのイタリア人、

妻メルセはウルグアイ育ちのスペイン人。

里帰りだったみたい。

6年前にイタリアに移ってきたと。


結局、二日間もお世話になりプールに子供たちと行ったり本当に楽しい暖かい時間を頂きました。

ウルグアイのことも教えていただいたし。

ダンディ、メルセ、ジャーニ、エンツォ、フランコまたどこかであいましょー!!!

ありがと!!!

そして、すてきな贈り物をありがとう。

ずりコケ君。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-08-01 22:10 | イタリア



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧