おーい、こっちこっち。

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちゃおー@ぼろーにゃ

みなさん元気ですか?

皆既日食いかがでした?

本当に羨ましい限りです。


ようやくフィレンツェを昨日5:00A:Mに発ち、今ボローニャにいます。

108KM、10時間ちょい、半端ない苦しい上り坂、そしてありがたーーーい下り坂。


フィレンツェに約二週間滞在し、餃子、寿司、お好み焼き、トンカツ...(どれも絶品だったなー)を頂き、

そして、みんなからありあまる元気を頂き、

"ちゃりんこ"でヨーロッパを旅することにしました。

気持ちは日本まで!!!!!

ちゃりんこ、ちゃりんこ用の鞄、テント、MAP...はフィレンツェで調達。

また金とんだ...

またしても帰国日迫る...

まーいいか。

日が昇る前に出発し、暮れる前にテントを張り床につくと。

こういう生活も一生に一度は良いのではないのかなと。

生きている感じがより強く感じられて。

どのようなルート行くかはゆるーい感じで。

イタリア、スイス、ルクセンブルグ、ベルギー、オランダ、ドイツ...


フィレンツェの友人にはイタリアを出る前にリタイアでしょ!?

って言われておりますが,,,

さーどうなるでしょう楽しみですな。


みなさんも、暑さに負けず元気で生きましょう!!!


それでは、ありがとうございました。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-29 22:08 | イタリア

無事帰ってまいりました!!!

連絡遅くなってごめんなさい。

一昨日,1時に無事着きました。

いやー本当に落ち着くなー。

母国に帰ってきたかのように。


御無沙汰しております。

いかがおすごしですか?

日本を出て早1ケ月半が経ちました。

僕は、UKを3週間、PARIS、BARCELONAを1週間、IRELANDを2週間、

そして今FIRENZEに約6ヶ月ぶりに戻ってきたという感じです。

なぜこの様な不経済なルートをとっているのかは、

さかのぼる事6/3成田空港カウンターにて、、、

『UK入国時に6ヶ月以内に出国する事を証明する何かが必要です』と。

ロンドンー成田の復路でUKインする僕には、

証明するものがなく入国さえできないという状況、、、


いきなりっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


きりたんぽを、朝勢いよく飛び出したのに。。。これ???


えーーーーーーーーーーーーーーーーー


とんてんぽーんす。



話によると

入国を拒否された場合、『片道40万円位の正規の片道航空券』で帰るはめになる

とかいわれ。。。

変な汗かきまくりながら、相談したところ

別の航空券を発券すれば何とかなるとのこと。


『一番安い航空券をください。』

『7/3ロンドン-ダブリン(IRELAND)です。』

即発券。

ということでアイルランド観光が決まる。

さーアフリカはどこえやら。

まーこれも何かの縁だろう。

色々調べているうちにPARISに住む友人に会い、

前回行けなかったモンサンミッシェル+バルセロナに行こうと決意。


。。。


そして、今思うコト。

出発前さんざんアフリカアフリカアフリカと騒いでおりましたが、

何だかインドをめざしている自分がおります。

たどり着くかは分かりませんが、お金が底を尽きる前に帰ります。

イスラエルあたりで再びキリマンジャロと騒ぎだすかも知れませんが、それは、それってことで。


それでは、ありがとうございました。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-17 22:01 | イタリア

Giant's Causeway

本日Belfastよりバスでイギリス・北アイルランドに位置する、

世界遺産Giant's Causewayへ。

火山活動で生まれた4万もの石柱群が連なる。

a0141199_20243766.jpg

a0141199_2032149.jpg


あれ?

自然??

まるで人工。

別空間といった感じ。

非常に興味深いエリア。

楽しませていただきました。

Belfastに戻り、やっぱり今晩もギネスだな。

あ~ありがたいありがたい。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-14 20:12 | イギリス

Cliffs of Moher

8:00にバスに駆け込む。

乗り継ぎなどもあり、16:00 Doolin着。

全長8kmあるCliffs of Moher(モハーの断崖)を歩きまわる。壮観な眺望。

大西洋から聳え立つ崖の最高地点は214m。

a0141199_19592810.jpg

a0141199_19451998.jpg


手すりも柵もない。

幅員一足ほどのとこ多々あり。

強風。

牛、羊は野放し。

本当にワイルド。

さすがに、ちびったね~。


崖下を3億年前の川筋が走ってるらしい。


スケールでっかいな~

もりもりと生きてるね~
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-09 19:28 | アイルランド

Skellig Michael+small Skellig

本日、Portmageeよりボートで世界遺産Skellig Michaelへ。

アイルランド島の西方ケリー州の沖合16kmに位置する標高240mの無人島。

588年に約600段のステップと山頂付近にケルト人により修道院が建てられた。

また、初期キリスト教の遺跡が完全な形で残っていることで知られる。
a0141199_18424148.jpg

a0141199_18413965.jpg

自己解放を求める修道士には理想郷であり、

ここで彼らは海鳥を獲り、雨水を溜め、ただ日々を生き延びるためだけの生活を送った。

それが彼らにとっての修行だった。

その手前に位置するのがsmall Skellig。

数十万匹のカモメが営巣しているだけ。

まるで、雪が積もったように白い。
a0141199_18411859.jpg



自然との調和だな。

岩の色、苔の色、草の色、風の音、波の音、鳥の声…本当に心地いいわ。


今晩は、ボートにて知り合ったベルギー出身トノーとギネスを飲みに行ってきまーす。

生のギネスはうまいんだな~
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-08 19:27 | アイルランド

National Park

CorkよりバスでKillarneyへ。


お見事!!!

雲・晴・雨すべて揃いました。


ハレノイチマイ。

a0141199_5421393.jpg


こんな中を歩きまわった一日でした。

最高。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-06 05:30 | アイルランド

画になるな~

kinsaleという町のCharlse Fortへ行く途中のこと。

a0141199_20581585.jpg


いや~、いい感じ。いい感じ。


この後、天気が曇り…

お目当てのCharlse Fortは No Photo ですわ。


そしてその後、再び晴れ…


a0141199_21152475.jpg


いや~、いい感じ。いい感じ。


ま、

アイルランドで天気のことを気にしてたらなんもできませんな。
[PR]
by kazunori_maruse | 2009-07-05 20:47 | アイルランド



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧