おーい、こっちこっち。

カテゴリ:クロアチア( 3 )

やってきました、ザグレブ

人口約500万人の小国クロアチア。
その首都ザグレブ。
規模は小さく、緑が多いそんな印象。トラムもしっかり整備されているが必要なし。
物価はほぼ西欧並み。
セルビアよりもずっと高い。
同じ旧ユーゴなのにこの差にはたまげる・・・
遠くない将来、ここもEUへ加盟し、通貨の統合がされるのか。。。
クーナ(通貨)に触れれた良かった~、、、
オリジナルの文化に触れれたことに感謝!!

この町のメインの広場がこれ。イェラチッチ広場。
これで、分かって頂けるはず、町の規模。
a0141199_03856100.jpg


昼間っから、美女たちが撮影??かな。クロアチアの女性も美しい。
a0141199_0502256.jpg



この町では、毎日正午に大砲が発砲されます。
それは、「毎日正午に大砲を発砲して、街中の教会の鐘つく人に時刻を伝えよう!!」
という事で、1877年元旦に記念すべき一発目が放たれ、途中戦争の影響などで中断を余儀なくされたことも数年間あったが、いつの日か、その習慣は復活。
今日でもドンパチやってます。

いや、一発だけドンッ!!!!!!!!!って感じで。

それが行われる、ロトルシュチャック塔の大砲部屋。
放った後で煙と火薬のにおいすげー。
a0141199_0424788.jpg


塔からの絵。
a0141199_0384536.jpg



そして、美術館へ3つ行ってきた。
この響きが何とも、ヨーロッパの観光っぽい。
まず、ナイーヴアート美術館。
クロアチアでは、ガラスに描く素朴なナイーヴアートが盛ん。
もともと、この地に住むの農民たちが、農閑期に絵を描いた事が始まりとされる。
ほとんどの画家が正式な美術教育を受けたわけではなく、高度な技術とは無縁だが、
独自の技法や画風を駆使し描かれる作品は自然と共に生きる者の温かさを放つ。
a0141199_0384493.jpg

a0141199_039363.jpg


美術工芸博物館。
多岐にわたる収蔵品が、様式別に展示されていた。非常に、いい感じ。
a0141199_0385590.jpg

a0141199_039439.jpg

a0141199_0385453.jpg

a0141199_0385581.jpg


最後のミマラ博物館もなかなか。写真は0。

町のアールヌーヴォーもいい感じ。
a0141199_039394.jpg

a0141199_0391286.jpg

a0141199_0391329.jpg
落書きなければ最高なのにな~もったいない
a0141199_0391310.jpg
コードが無ければ最高なのにな~もったいない

2泊3日のザグレブ滞在。
本日、バスで一気にノヴィ・サドへ戻ります。
夕方にはちゃりんこと再会し、ちゃり旅再開しまーす。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-08-27 00:26 | クロアチア

プリトヴィッツェ湖群国立公園

ザダルを経てやってきた、プリトヴィッツェ湖群国立公園。
a0141199_22322663.jpg

さすが、世界遺産。美しすぎ。。。
ここは、大小16の湖と92ヶ所の滝がある、世界的に貴重な湖群公園。200km²。
一日中曇り空だったが、問題なし。
快晴だったら、住みつき決定!!
さすが標高高いだけあって、長袖必要だったな。
あ、もう秋か・・・
a0141199_2233166.jpg

a0141199_22323263.jpg

a0141199_22323156.jpg

a0141199_2232274.jpg


ドブロヴニクに次いでこちらも、独立戦争の被害が大きく、
一時は「危機世界遺産リスト」に登録され、緊急保護措置が必要な状態だった。
幸いにも今は、除外された。

建築と違って、
「よっしゃー、今日から頑張って、再建設するかー」
なんて簡単にできない、大自然の芸術。
マジ、戦争止めよ。
めちゃくちゃ美しかったよココ。
戦災による被害が無ければもっと美しかったって事でしょ?ヤバすぎ。。。

鳥も魚も住みついてます。
a0141199_22325940.jpg

a0141199_2233277.jpg


根っこもいい!!
a0141199_22331419.jpg

a0141199_22331390.jpg


上に登って、この景色!!
a0141199_2233027.jpg

a0141199_22323360.jpg


最高に贅沢。幸せすぎでした。ありがとう~

そして、夕方のバスでクロアチアの首都ザグレブへ行きまーす。所要時間2時間半。
一時のバックパッカー生活も、残り数日。
てか、ちゃり漕ぎたい病、発病。
あ~楽しみ。

あ、プリトヴィッツェに押され気味だけど、予想通りザダルの町も素敵でした。
こじんまりと。
9世紀に建てられた聖ドナット教会の柱。
ローマ時代の遺跡を使用していて興味深い。
a0141199_22411043.jpg

美しいわ~
a0141199_22322372.jpg


ではまた~
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-08-25 21:29 | クロアチア

アドリア海の真珠

早朝4時頃バスターミナルに着いたので、しばらくベンチで爆睡。
起きたら7時頃。
すると、日本人発見!!とりあえず絡んで。
彼女は、既に宿を予約しているとの事だったので、
予約をしていない僕はその宿に空きがある事を願い、着いていく事に。

宿にて、日本人との出会い再来。
パリ在住、白羊(はくよう)さん。←コレ本名。
ファッション関係だと聞いたもんで、
パリでファッション関係で仕事してる友人ダイスケさん知ってる?って聞いたら。。。
知ってた。。。世界狭~

で、部屋も何とかなりそう!!だと。

そんなこんなで、一気にテンションあがり、
とりあえず、「夏もあとわずかだし、泳ごうか!?!?」という事で、
向かいにあるロクルム島へ皆で行く事に。
所要時間15分程度。
a0141199_2161610.jpg

a0141199_2161982.jpg

泳いで、ぐるっと歩いて、ビールにワインにパプリカつまんで、贅沢した~。
父さん母さんありがとう!!!
来墺したらしっかり働きます!!!

で、翌日こそは、観光名所の旧市街へ。
「アドリア海の真珠」と呼ばれるほどに美しいことで知られるこの町。ホントに美しい。。。
古い町なのに、どこか新しさを感じる。
それもそのはず、1991年からのクロアチア独立戦争の際に、
旧ユーゴスラビア連邦軍の攻撃によりかなりの被害を受けた。
「危機世界遺産リスト」に挙げられるほどに。
終戦後、修復が進み1994年に改めて世界遺産に登録された歴史を持つからだ。
その全景を見るために標高約420mのスルジ山に登ってと。
ちなみに、奥に見える島がロクルム島。
a0141199_2165644.jpg

a0141199_2161782.jpg


いや~幸せ~オレンジ色の瓦屋根って、本当にかわいい。
a0141199_216557.jpg


山に登ったら汗ばんだから、「このままそこのビーチ行こう!!」ってなって直行。
やっぱり、綺麗な海は最高デス。幸せ~
大分、水温低くなってきているが、離れられない~

a0141199_2164464.jpg
the トイレの門番 ~海辺のカフェ~

その後ようやく、旧市街の中を散策。ロジロジロジ、ゴチャゴチャゴチャでいい感じ。
a0141199_2161891.jpg


撮影に参加してと。
a0141199_2161476.jpg


この子はポーランドから観光だって。寝てる~かわいい~
a0141199_2164456.jpg


そして、新市街がこちら。
a0141199_2164661.jpg


夜景がこちら。
a0141199_2161787.jpg


次の目的地は、ザダルという町。バスで8時間。
本日の昼頃発ちまーす。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-08-23 21:04 | クロアチア



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧