おーい、こっちこっち。

カテゴリ:ボスニア・ヘルツェゴビナ( 1 )

重要なのは分かるけど・・・

予定通り、ノヴィ・サドにちゃりんこを置かせていただき、
その日の夜行バスでボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォへ向かった。

サラエヴォと言えば…サラエヴォ事件。

1914年6月28日、青年ボスニア党のセルビア人青年が、
サラエヴォを訪問中のハプスブルク帝国皇太子夫妻を暗殺。
この事件が第一次世界大戦の火蓋を切った…

a0141199_344354.jpg


この橋のたもとで事件は起きたと。歴史が動いた所か。
とんでもないとこにいるんだと、しみじみ。

そして、1992-95年に20万人が犠牲になったボスニア・ヘルツェゴビナ戦争も忘れてはならない。
ここサラエヴォでは1984年に冬季五輪が催されたのだが、
その時使用された補助グランドは、今では、墓地と化した。
紛争ででた犠牲者を墓地へ運ぶ事すらできず、埋葬する場所もなかったからだ。
砲撃をさけ、埋葬は早朝か日暮れどきに行われた。

a0141199_342291.jpg

この塔のした、一面が墓地。
逃げ出したい気持ちになった。
手を合わせそうそうに立ち去った。
2002年には、日本のNGO団体が桜の苗木600本を植えたらしい。

こちら、Holiday Inn Sarajevo。
a0141199_342599.jpg

サラエヴォ市内で最も有名なホテル。
紛争中は最前線から300mという距離にもかかわらず営業を続け、
ジャーナリストがここにたむろし、砲弾の音に首をすくめながら戦況を伝えた。

町には、大型ショッピングモール、ホテルなどの新築物件と銃弾をあびた当時の姿のまま建物が混在。

あまりにも、強烈な絵の連続と夜行バスの疲れで一気にくたくた・・・

気分転換に、中心街を散策する事に。
バシチャルシャという名の旧市街のメイン広場。
a0141199_342591.jpg

トルコの雰囲気ぷんぷんの職人街。
a0141199_344340.jpg

この風景もしっくりくるな~
a0141199_342511.jpg

坂をがつがつ登って・・・うわぁぁぁぁ~感動。。。
a0141199_344393.jpg


名物のチェヴァプチチを食しエネルギー補給。
a0141199_342447.jpg

肉のみサンドイッチといったとこ。
手前の「白いもの」は日本人のDNAのせいで、
どうしても「お米」と捉えたがるが、リアルに辛い玉ねぎのみじん切り・・・

ちなみに、こちらがメニュー↓
a0141199_342588.jpg


「え?!?!km??目的地??」
なんて一気にちゃりんこモードに切り替わりそうになってしまう我。
そうそう、この国の通貨は「兌換マルク/Konvertibilna Marka」

そして、またこれ見つけた。
a0141199_342131.jpg

ベオグラードに次いで、サラエヴォでも走ってる日本支援のバス。
1998年をつけたバスもいたってことは、何度かしてんのかな。

日本がらみと言えば、国旗もだ。
a0141199_344628.jpg

右下の青と黄色の国旗が、ボスニア・ヘルツェゴビナのもの。
1998年の長野オリンピックに間に合わせる形で制定され、初披露された。
ちなみに、写真のお方は、ティトー氏。

a0141199_34409.jpg

この絵もヨーロッパならではだ。そっか、ここヨーロッパだもんな。

a0141199_342348.jpg
この絵も好きだわ~

物価安のため、脳みそは長居したがるが精神的に衝撃MAXなため、
今晩夜行バスで出ます。
予定外の丸2日で切り上げた、サラエヴォ滞在となった。

ちなみに、昨晩の宿ときたら・・・
3段ベッド×8台の24人ドミトリーでバス・トイレ一つ・・・っていう。ギャグでしょ。。。

久々に熱っぽいけど、ここにいるより夜行バスでの移動ををチョイス。

さて、明日にはクロアチアのドブロブニクだ~アドリアの海海海!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-08-20 16:33 | ボスニア・ヘルツェゴビナ



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧