おーい、こっちこっち。

クレイジータコス

先日、パリ在住のカップルD男+T女へ財布が届いたと連絡があった。

a0141199_345267.jpg
a0141199_351730.jpg


これは、Tからの注文だった。気に入ってもらえて僕も幸せなった。

注文の条件1、100ユーロ札が入る
      2、小銭入れ付き
      3、カード二枚が入る
      4、かさばらない


一時帰国の時も使えるよう、ぎりで一万円札が入るようにした。

カード二枚もスムーズに出せるように細工した。

彼らは、アキバ系だ。変わったうるさいデザインにした。

メキシコっぽく。

なぜか、勾玉が出てきたのでそんな感じでほじって、縫って、毛を生やした。

加工は、絞って、バフを施した。

これは、経年変化が楽しみな革だ。

一ヶ月でも化ける。

彼らから、写真頂き次第アップします。


クレイジータコス。懐かしい。昔お世話になっていたメキシカンの屋台。

みんな元気かな。4月のアースガーデンにおったりして。会いたいものだ。
[PR]
by kazunori_maruse | 2010-02-11 02:49 | Bag in Wien
<< 赤い革 寝床 >>



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧