おーい、こっちこっち。

from 米子の実家

こんにちは、皆様!

大変遅くなりましたが、本年も何卒よろしくお願い致します。

元日に無事帰国しました。
家族と、そして、この本帰国の機会をくれた御爺と2年7ヶ月ぶりに再会を果たし、
数年ぶりに家族・親族とお正月を迎え身も心も本当に本当にリフレッシュしました。
日本の特にこの時期の豪華さときたら、まぁ贅沢で。。
正月のthe日本なのが日本に飢えた僕の細胞へ与える感動は半端ありませんでした。
本当に有り難かった。。。

もちろん、インドとのギャップに戸惑わないはずがありません。。
何でも便利で、時間通りで、清潔で、謙虚で、、、
母国でありながら何か異様さを感じてしまう日本の姿。
果たして何処へいくのだろうか、、ってつい考えてしまいます。
とはいえ頭ばかり動かしていても始まりませんから考動を行動へと。

まずは、日本社会でお世話になる準備やらなんやらと。
やむを得ず失効していた免許証の再交付によって、初心者マークを義務付けられてみたり、農業担い手機構の窓口にて自然農法と有機農法の違いを説明してみたり(こっちが色々聞きたいのに…)、以前使っていた携帯電話やテレビが時代遅れで?使えないって衝撃をうけてみたり(消費が美徳ですか…)、、、
サプライズや逆カルチャーショックは多々発生。
そして、これまでの人生で溜めに溜め込んだ少なくないモノ、
なかでも衣類の整理を被災地への支援物資の仕分けを兼ねてやっています。
作業中よく頭をよぎる

「使わないものを持っているのは泥棒と同じ」

っていうガンジーのお言葉。インド帰りでひとしおです。

以前に岩手への道中、軽トラで友人と再会がてら荷物を回収してまわれたらと言っておりましたが、やはり、体は公共交通機関に、支援物資は運送業者にお任せすることがベストだと思いました。
今、ある流れに任せることも大切かと。

あなたに物資を託すよって言って下さった皆さん本当に混乱させてごめんなさい。

被災地では、衣類をはじめ支援物資を必要としておられる方がまだおられるのが現状のようです。
参考までに、日本リ・ファッション協会(http://www.refashion.jp/emergency/index.html)など古着でも引き受けている団体はあります。

さて、親族に挨拶に行くため東京に今月末あたりに行きます。
短い滞在となりますが会える方会いましょう!
その後は、現状を知るという事も兼ねて被災地へ行き、一週間ほど支援の手伝いをします。

そして、いよいよ花巻市での農業研修開始です。

この極度に便利な社会の中でも、一人の行動が思いが世界を変えると信じ、決意した命の使い道を軸に一歩一歩着実に歩む、それが肝心。

今年はこれを胸に動いていきたいと思います。
改めてよろしくお願い致します。

ではでは、お元気で!

皆が安らかに暮らせる日が一日も早くやってきますように・・・
[PR]
by kazunori_maruse | 2012-01-11 16:16 | 他モロモロ
<< まだ、一年! 良いお年を! >>



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧