おーい、こっちこっち。

未知ノ国セルビア・・・

スコピエより約50km北上し、無事セルビア入国。
いよいよやってきた、旧ユーゴスラビアの核。チョイ緊張。

まずは、バルカン風ハンバーガー、プレスカビッツを頂いてと。これうまいんだ~
a0141199_1555216.jpg

ハンバーグっていうよりソーセージのような食感で、ジューシー。
具は、キャベツ、玉ねぎ、チーズ、パプリカ、トマト、キュウリ、、、

お店でのんびりしていると、マダムがやって来て、
「これ、食べなさい。」って。
a0141199_1555199.jpg

「これも、食べなさい。」って。
a0141199_15552011.jpg

どうやら、今晩はホームパーティーがあるみたい。ありがと~マダム。
a0141199_15551668.jpg


その後も、漕いで漕いで、ハイウェイ漕いだりなんかして、、、
てか、ほとんどハイウェイ漕いで、セルビアの首都ベオグラードまで残り30kmまで来た。

今日は、村で会った20歳の少年の家へお世話になる事になった。ありがとう。
三日ぶりのシャワー。感動する~泣けてくる~。。。
話を聞くと、8人兄弟で、お父さん80歳!?!?すげー・・・
一つの庭を囲うようにしてそれぞれが独立した家に住んでいて、
さらには、ジムとホテルの経営をしている・・・すげー
ジムとホテルって。このコンビもすげー
てか、セルビア人の男、筋トレ好きそうだもな~。マッチョにチビTみたいな。

ハイウェイは、猛スピードの車のストレスさえ感じなければ非常にこぎやすい。
だって、路肩?一番端の車線広いし、基本平らだし。
また、マケドニアやセルビアのハイウェイからの風景は緑が仰山あって、
排気ガスさえなければ最高に癒し。

忘れたころにひょっこり現れる黒~い鼻くそには、感動+ちょい萎えだけども・・・

6時amごろから漕ぎ始める日々だが、交通量それほど多くないし
日中の暑い暑い危険な時間帯は、パーキングエリアでのんびりさせて頂いたりなんかして。

a0141199_15561247.jpg
こんなパーキングエリア最高。皆さん、芝でごろごろ。

たまには、一般道も漕いでみたり。
けど実際、路肩なしで、道ぼこぼこで、トラックにバスにと、、、まー落ち着かない。
自転車道が恋し~

けど、周りの景色は良い感じ。
a0141199_15561892.jpg
典型的なヨーロッパの田舎

a0141199_1556855.jpg
果物市助かる~。じいちゃんばあちゃんも泣けるほど優しいし。

下りでよかった22%!!!
a0141199_15561230.jpg


ある朝は、隣町まで20km、このイケイケ兄ちゃんとペアちゃり。
a0141199_1556654.jpg

実は前夜は、彼の家の隣の畑でテントを張っていたのだ。何たるご縁。

セルビア最高!!

明日は、いよいよベオグラードだ!!

a0141199_1556267.jpg

[PR]
by kazunori_maruse | 2010-08-14 22:44 | セルビア
<< 意外ヤ意外 マケドニア満喫 >>



丸瀬 和憲           旅人鞄作家が『感性』という不思議な能力を磨くべく地球上を転げ廻ったのち、米子で帰農♪ という日々の日記。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
2013年~
帰農
@鳥取県米子市
自給的に暮らすと共に、胡麻の自然栽培の普及に夢中。

2012年2月~
パーマカルチャー研修
自然農園ウレシパモシリ,
 岩手県花巻市

2011年6月~11月末
有機農法研修
NAMAYASAI,
 Lewes,UK

ブログパーツ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧